妊娠してからお腹が張ってつらい・痛いというお悩みの妊婦さんが非常に多いです。
当サイトはそんな方のために、妊娠中の便秘を解消する方法をまとめた情報サイトです。

一人でも便秘で苦しむママさん、プレママさんを助けられたら嬉しいです。

妊娠中は便秘になりやすい!その理由とは?

基本的に女性は男性よりも便秘になりがちですが、妊婦さんになると余計に便秘になりやすくなります。
その確率はなんと70%!7割もの妊婦さんが便秘に悩んでいます。
ここではその理由を紹介します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)で腸の動きや体内環境が変わる

妊娠すると体内のプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。

プロゲステロンとは、妊娠した時に母体と赤ちゃんを保護するために機能するホルモンで、主に栄養素や水分を体内にため込む働きをします。
そのため、妊娠していないときよりも腸内の水分量が減ってしまい便が固くなるので排便しにくくなり、結果として便秘になりやすくなります。

大きくなった子宮がお腹を圧迫し便通や血流が悪化

妊娠してしばらくすると、当然ですがお腹が大きくなってきます。
これは胎内の赤ちゃんの成長とともに子宮が膨らんでくるために起こる現象です。

ママにとっては赤ちゃんの成長を感じられる嬉しいことなのですが、反面、便秘を悪化させることになります。
子宮は、子宮の周りにある小腸や大腸を押しのけるような形で膨らんでいくので、腸内の幅が狭くなり便が通りにくくなってしまうのです。
また、血管が圧迫されることで血流も悪くなり、腸の機能が低下するので便を輩出しにくくなります。

この子宮のふくらみが便秘の一因となることも多いです。

つわりによる食事の変化や水分不足、腸内環境の変化

だいたい3ヶ月を過ぎたあたりからつわりが起こることが一般的ですが、つわりによる吐き気で食事量が減ってしまう方も珍しくありません。
食事量が減ってしまうと、それだけ腸に対する負荷が減ってしまうので徐々に腸がさぼりだします。
すると腸の運動能力が低下し、便を排出しにくくなってしまいます。

また、つわりによって頻繁に戻している場合、体内の水分量が減ってしまうので便が固くなり便秘がちになります。

さらに、つわりによるはき戻し、食事や水分量が変化することで腸内の善玉菌のバランスが崩れ、腸内で良い便が作られにくくなってしまうことも大きな要因です。

妊娠中に飲める便秘薬は?副作用は?

主な便秘の原因がわかったところで次に気になる便秘薬を紹介します。

便秘薬を使うことに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、ツライ便秘は薬でさっさと排便したほうがむしろ体にいい場合もあります。
本当は、後で紹介する便秘薬を使わない便秘解消法のほうが健康的でおすすめではあるのですが、あまりにも辛い場合、即効で解消したい場合は薬に頼るのも一つの方法です。

便秘の主な原因は、

    腸内の水分量の低下
    腸の運動機能の低下
    腸内の善玉菌の減少

なので、主に上2つにアプローチした便秘薬が多いです。
ただ、妊婦さんが飲むことで母体や赤ちゃんに悪影響をもたらす便秘薬もありますので、ここではまず飲んではだめな便秘薬をご紹介し、そのあとに飲んでもOKな便秘薬をご紹介します。

【注意!】飲んではイケナイ便秘薬!

便秘薬には、腸を刺激して排便を促す、いわゆる「刺激性」と呼ばれる薬があります。
これは、子宮の収縮を促す副作用がある薬がありますので、これを飲んでしまうと流産や早産の確率が高まってしまうので飲んではだめです。
成分としてはセンナやアロエ、アントラキノン系の便秘薬が子宮を収縮させる効果があるので、妊婦さんは服用を避けた方がよいです。
以下の便秘薬は刺激性に分類されるので、服用はお勧めしていません。

ただしコーラックは種類によって成分や効き目が異なっており、妊婦さんで飲めるものもあります。

      ルーメア
      カイベールC
      新サラリン
      スルーラックS
      コーラック

飲んでもOK!オススメの薬

では、飲んでもOKな便秘薬はどういうものかというと、腸内の水分量を増やし便を柔らかくする「塩類下剤」のタイプです。
主な成分は酸化マグネシウムで、この酸化マグネシウムの浸透圧により腸内の水分量を増やして便を柔らかくするという仕組みになっています。
腸を刺激しないタイプですので即効性は落ちますが、妊婦さんにとってはより安全に使える薬です。
産婦人科でも処方されることが多いタイプですし、妊娠中は胎内の赤ちゃんを健康に育てることが何より大事ですから、便秘薬を使うなら以下に紹介する塩類下剤タイプをお勧めします。

      マグミット錠
      ラキソベロン
      ミルマグ
      スラ―リア
      3Aマグネシア(酸化マグネシウム)
      マグラックス錠
      アローゼン
      プルゼニド
      コーラックファースト
      ピコラック

薬を飲む上での注意点

どうしてもツライ便秘を解消するなら便秘薬の服用もアリですが、やはり薬である以上は副作用や注意点が気になりますよね。
ここではその注意点をまとめましたので、便秘薬を飲む際には参考になさってください。

子宮が収縮!?薬を飲み続けるのはやばい?

便秘薬には腸を刺激する「刺激性」便秘薬があります。
これは即効性が高く、比較的簡単に便秘を解消できるというメリットがあります。

一方で副作用も強力で、子宮を収縮させる効果があります。
これが早産や流産の確率を高めてしまうため、基本的には飲まない方が良いのです。

ただ、どうしても辛くて飲んでしまった…という方もいると思います。
個人差があるので、かならず副作用が現れるわけではないですし、数回飲んでも平気という方もいます。

ですが、副作用があると分かっている以上、常用するのはやはり避けたほうが良いでしょう。
飲めば飲むほど流産や早産の危険性が高まるので、できるだけ早く薬から離れることをお勧めします。

飲み合わせ

薬は何で飲むかによって効果の出方に変化が起こります。
薬メーカーは基本的に水や白湯のような薬に対して影響を及ぼさないもので飲むことを前提に薬を作っていますので、水か白湯で飲むのがお薦めです。
また、水なしで飲んだりすると胃やのどに張り付いて炎症を起こすので、必ず水か白湯で飲みましょう。

絶対にやってはいけないのがアルコールで飲むことです。
お酒が好きな人はお酒と一緒に飲む人がいるのですが、これは薬の効果を増幅して副作用が強く出てしまうことがあります。
場合によっては命に係わるので絶対にダメです。

便秘薬の場合は乳製品との相性が悪いです。
便秘薬は、アルカリ性である腸内で溶けるように作られています。
胃は酸性なので問題ないのですが、乳製品はアルカリなので、一緒に飲むと早めに溶けてしまって肝心の腸で効果を最大化できません。

また、胃腸薬都の飲み合わせも悪いです。
理由は乳製品と同じで、便秘薬が腸に届く前に胃腸薬が溶かしてしまうからです。

便秘もつらいし胃もたれなどで胃薬も飲みたいし・・・。
という場合は、どちらかを飲んで1時間以上間を空けてください。
そうすることで便秘薬も胃腸薬の効果も得られることができます。

便秘薬を飲むタイミング

便秘薬は排便を促すために飲むものです。
そのため、便秘薬を飲んだ後に排便されるわけですが、排便するタイミングは宿便を体内に残さない方が良いという観点から、きほんてきに朝が良いとされています。
そのため、便秘薬を飲むなら就寝前に飲み、朝に排便するようにすると健康的です。

また、胃に食べ物があると胃の通過に時間を要し腸に届く前に便秘薬が少し溶け出てしまい、腸での効果が落ちてしまう懸念もありますので、胃内の食べ物が少なくなっている就寝前が良いでしょう。

どうしてもすぐ出したい場合は、食事後3時間程度経過した後が胃内の食物量が減っていて良いです。

便秘薬を長期間使用してから断薬すると副作用!?

便秘薬を長期間常用すると、便秘薬なしでは生きられなくなる依存性が出てきます。
身体が便秘薬になれてしまい効き目が悪くなるので薬を増やし、身体がまた慣れるので薬の量を増やすという負のスパイラルに陥ってしまうわけですね。

この依存性は比較的有名ですが、妊婦さんは身体の変化上、出産までは便秘薬を使い続ける方もいます。
出産後にこの依存状態に陥らないように断薬しようとすると、今度は別の症状に見舞われる可能性があります。

それは、自力で排便できなくなることです。

便秘薬を使い続けていると、腸の機能が低下し身体が便秘薬の力を借りないと排便できない状態になります。
自力では排便できないので、また便秘状態に逆戻りになります。
すると、また便秘薬に頼ってしまう・・・ということになります。

腸の機能低下は中々すぐには回復しません。
永遠に便秘と戦う羽目にもなりかねませんので、
出来るだけ早い段階での便秘薬からの卒業が必要になります。

便秘が続くと胎児に悪影響?

とあるフィンランドの調査によると、90組のママと生後3ヶ月の赤ちゃんの便を調べた結果、75%の親子で共通のビフィズス菌をもっていることが判明しました。
これは、赤ちゃんとママの腸内細菌には類似性があるということです。

赤ちゃんは子宮内のクリーンルームにいるようなものなのになぜママの腸内細菌を持っているのか?
という疑問が出てくると思いますが、これは出産時に引き継がれるという説が有力のようです。

ママの胎内では赤ちゃんが最近を浴びることはないのですが、出産時に通ってくる産道はママの腸内細菌の環境と似ており、生息している最近にも類似性が認められます。
そのため、出産時に赤ちゃんが口から最近を取り込むことでママと似たような最近を持つことになります。

便秘中は、宿便が腸内で発酵し悪玉菌が増加します。
すると、腸内の毒素が増えることで、ママは疲労を感じたり、体中のむくみ、肌荒れや肩こり腰痛の症状が出る可能性があります。

もし、ママが便秘だとしたら赤ちゃんへ悪影響を及ぼす可能性があります。
赤ちゃんにも増加した悪玉菌が引き継がれてしまいますので、産後に下痢や免疫力の低下が起きる可能性があります。

これを回避するにはできるだけ便秘を解消し、宿便をためないことが有効です。
そのために便秘薬も一つの方法ですが、先に述べたように依存性や副作用もありますので、どうしても必要な時以外は便秘薬以外での解消するほうがベターです。

便秘薬以外の薬で改善可能?浣腸は?

便秘薬の副作用を回避するために便秘薬以外での解消方法をご紹介します。
まずは、便秘薬ではない薬での解消法がどうなのかを見てみましょう。

便秘に定番の浣腸

便秘に浣腸は定番ですよね。
有名な浣腸薬はイチジク浣腸です。
これは肛門から薬剤を注入し便秘を解消するタイプの薬です。

浣腸は薬液を直腸へ注入するため、効果が早いことが特徴です。
薬液が腸を刺激することと、薬液が腸内の滑りを良くすること、さらに固くなった便にしみこむことで便を柔らかくすることで排便を促します。

便秘が解消できるのはうれしいですが、気になるのは赤ちゃんへの影響ですよね。

イチジク浣腸の注意書きには、「妊婦は使用注意」と書かれています。

この真意は、浣腸することで腸が刺激されて活発に動くに用になるのですが、妊娠中は子宮が膨らんで腸を圧迫しているので、子宮と腸が隣り合っているような状態なんですね。
その腸がウネウネ動くと赤ちゃんにどんな影響があるかわかりませんので注意してください、というのが注意書きの意味です。

実際に浣腸で早産や流産をするか、というと正直なところデータが無くわからないというのが現状なのですが、
刺激性の便秘薬の項目で子宮が収縮すると早産や流産の確率が高まることをご説明しましたが、腸が動くことで子宮が刺激を受けると同じようなことが起こると考えられなくもないので、妊婦さんは浣腸を控えたほうが賢明でしょう。

こういう「どうなるかわからない」場合は、最悪の事態を想定して触らぬ神に祟りなしで行動するのが良いです。

座薬

座薬も肛門から注入するタイプの薬です。

便秘用の座薬の主成分は炭酸水素ナトリウム(重曹、ふくらし粉)の場合が多く、これはホットケーキなどを作る時にいれたり最近では掃除に使う人も増えている身近な成分です。

炭酸水素ナトリウムは加水分解されて二酸化炭素を発生するため、座薬を肛門内に注入すると、腸内に二酸化炭素が発生します。
このガスが腸内をぐいぐい刺激することで排便を促します。

元々の成分が炭酸水素ナトリウムなので薬による副作用はありません。
では二酸化炭素ガスが赤ちゃんに影響を与えるかというと、これも現状ではわからないというのが結論になってしまいます。

ガスによる刺激なので柔らかめの物理的な刺激だと思われるので問題なさそうではありますが、心配な方は控えたほうが良いでしょう。

使ってみたいという方は、新レシカルボンがおすすめです。

また、炭酸水素ナトリウムのタイプ以外にビサコジルという刺激性の成分を配合したタイプもあります。
これは刺激性なので控えたいところですが、実は妊婦さんに処方されることもあります。
妊婦さん向けには配合量を少なく調節しているので、副作用が少なくある程度安全に使えるというわけです。

妊婦さんによく処方されるのがテレミンソフトです。
ただし、テレミンソフトを使いたい場合は一度病院へ行き、医師の指導の下処方を受けてください。

漢方薬

漢方薬も便秘に対して有効に働き、有名な成分は潤腸湯や麻子仁丸、大黄甘草湯です。
これらは腸内の水分量を増やすことで便を柔らかくし、排便を促します。

漢方薬はそもそも植物を乾燥させたもので、生薬とも言われます。
元が植物なので妊婦さんがのんでも問題ないように思われるかもしれません。

実際、化学物質で作られた薬品よりは効果が穏やかで副作用が少ないのがメリットです。

しかし、妊婦さんの場合、漢方薬であってもあまり推奨はできません。

漢方薬にも一定の刺激性があり、特にダイオウは、アントラキノン系の大腸刺激性の下剤成分を含んでおり、大腸への刺激によって腸を動かすタイプの便秘薬と一緒です。

これは子宮の収縮を促し、早産や流産の確率を高めてしまう危険がありますので、使用を控えるべきでしょう。

妊娠中は出来るだけ薬を使わない方が良い

これまで色々見てきましたが、結論としては、妊娠中はあまり便秘薬、それに準ずる薬の使用は控えたほうが賢明です。

赤ちゃんとママの健康を守るためにも、薬に頼らない方法で便秘解消を目指しましょう。
薬を使うより即効性は落ちますが、その分、穏やかに自然に排便できるようになります。

では、その具体的な方法をご紹介します。

薬を使わずに便秘を解消する方法

薬を使わずに便秘を解消するためのアプローチは2種類あります。

    適度な運動
    腸内環境の改善

適度な運動によって腸の動きが自然に良くなっていき排便しやすくなります。
また、腸内環境を改善することで腸の機能がアップし便秘を解消しやすくなります。

骨盤矯正

妊娠して徐々にお腹が大きくなってくると、子宮の成長とともに骨盤が傾いて徐々に下がっていきます。
すると臓器を支えている腹筋の力が衰えていき、排便する力が低下していくことで便秘がちになります。

その骨盤を矯正して元に戻すには、妊婦さんの場合無理な矯正方法は避けた方が良いので、ここでは簡単な矯正方法をご紹介します。

腰を回す

フラフープを回すような動きで腰を回してください。
1週2~3秒で30回ずつ、右回りと左回りで腰を回すと効果が期待できます。

お腹周りのマッサージ

便秘は基本的に腸の動きが悪くなっていて腸の蠕動運動が衰えている状態になっていることが多いです。
そこで、お腹をマッサージすることで蠕動運動を促し、便秘を緩和することができます。

まず、おへそのあたりに手を置き、自分からみて反時計回りにお腹を軽く押していきます。
腸の場所に沿って腸を軽く押すようなイメージです。

※妊婦さんですので、強い力でぐいぐい押すことは避けてください。
リラックスしながら軽くマッサージする感じです。

生活習慣の改善

生活習慣を整えていくのも便秘の解消には効果的です。
具体的には次のことに注意してみましょう。

規則正しい生活

意外と大事なのが規則正しい生活です。
規則正しい生活を送ることで、規則正しく便が出るようになっていきます。

入浴で体をあたためる!

入浴によって体の血行が良くなり、リラックスして副交感神経が優位なることで腸の動きが活発になります。
入浴時刻や入浴時間を決めて習慣化してみましょう。

ただし、妊婦さんの場合は貧血やのぼせやすいということがあるので、あまりに長い入浴時間はさけるべきです。

睡眠時間をたっぷりと!

十分にリラックスして良質な睡眠をたっぷりとることで副交感神経が優位になり腸が活発になることで便秘解消になります。
寝る前はできるだけスマホやPCのブルーライトを避け、リラックスして寝るモードを作ってください。
睡眠時間は7時間が理想と言われていますが、これは実は人によって(遺伝子によって)差があり、9時間寝ないとダメな人もいますので、
翌朝起きた時にすっきり起きられる時間だけ寝ましょう!

トイレタイムを作る

毎朝、同じ時間にトイレに座るようにすると、脳がこれを習慣だと思い込み、その時間に便を出そう!と思い込むようになります。
脳は習慣が大好きですから、トイレ習慣を作るとその通りに便を出しやすくなります。
これ、かなり効果的なので実践してみてください。

同じ姿勢を取り続けない、姿勢を良くする

便秘の多くは運動不足や姿勢の悪さによる腸の動きが不活発になることで生じる「弛緩性便秘」が大半です。
妊婦さんの場合は特に、動くのが億劫で運動不足や同じ姿勢をとることで弛緩性便秘になることが多いのです。
ここではその解消法をご紹介します。

適度な運動

お腹が重たくなってくると動きたくなくなりますよね。
気持ちは十分わかります。
が、そこは少し我慢してもらって、妊婦さんにもできる軽い運動を紹介しますので、毎日の生活の中に少しで良いので取り入れてください。
運動は比較的即効性が期待できます。

また、妊婦さんは出産時にかなり体力を消耗しますので、運動不足で体力が衰えてしまうと大変です。
少しでも体力維持・体力増進をしておきましょう!

軽いウォーキング

妊婦さんでもできる運動として最もおすすめなのがウォーキングです。
無理は禁物ですが、お腹が大きくてもできます。

朝や昼間など、決まった時間に15分程度ウォーキングしましょう。
季節によって歩きやすい時間帯が変わりますので、ご自身が気持ちよく歩ける時間帯に歩きましょう!

ウォーキングによって血行が良くなり腸の運動が活発になります。

マタニティ向けの運動

他には意外と雑巾がけが有効です。
膝を付けない雑巾がけだと足腰のストレッチになりますし、意外と体力を使うので体力増進も期待できます。

食事療法

便秘の解消にはやはり食事に気を使うことも重要です。

便の質は、食べたものと腸内環境によって決まります。
腸内環境は食べ物で改善していくことができるので、便秘を解消できる食べ物をご紹介します!

食物繊維

便秘解消の定番、食物繊維です。
食物繊維は、その繊維質によって腸内の水分で膨らみ、食物繊維が細かい便を集めて大きくすることで腸を刺激し、排便を促します。

食物繊維は野菜であればたいてい含まれていますので、お肉も体力アップには必要なので、お肉も食べつつ野菜サラダや野菜スープなどで積極的に野菜を摂るようにしましょう!

腸内の善玉菌を増やす乳酸菌やオリゴ糖

次に腸内環境の整え方を紹介します。

そもそも、腸内には善玉菌という良い菌と悪玉菌という悪い菌がいます。
善玉菌の方が多いと腸内環境が良いということになり、腸も正常に動いてくれます。
逆に悪玉菌の方が多いと、腸内の便を腐敗させるなど悪さをするので腸内環境が悪くなり腸の動きが落ちて便秘になりやすくなります。

ヨーグルトで善玉菌を増やす

善玉菌の代表格は乳酸菌ですよね。
最近では腸まで届く乳酸菌入りのヨーグルトが発売されており、健康志向の商品が増えてきています。
このようなヨーグルトは善玉菌を増やすために有効で、おすすめの食品です。

ヨーグルトを食べる場合はレンジで軽くあたため、ほんのり温かい状態で食べるとより効果的です。

オリゴ糖で善玉菌を増やす

腸内環境の改善で注目されているのがオリゴ糖です。
オリゴ糖は玉ねぎやゴボウに含まれている糖類の一種です。

糖類は腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養になるのですが、当のほとんどは胃などで消化吸収され、ビフィズス菌まで届きません。
しかしオリゴ糖は胃などで吸収されないのでビフィズス菌に送り届けることができ、腸内のビフィズス菌を増やすことができます。

オリゴ糖は玉ねぎなどから摂取できるのですが、野菜からの摂取では効率が悪く十分な量を腸内に届けるのが難しいので、
サプリメントを愛用して便秘解消する妊婦さんが増えています。

オリゴ糖は即効性は高くないですが、薬に頼らない便秘解消法としておすすめです。
できれば、妊娠前や初期から飲み、便秘しにくい体質にしていおくことが理想ですね。

まとめ

妊婦さんはホルモンや体形の変化によって便秘になりやすいです。
便秘薬を使う場合は妊婦さんでも飲める便秘薬(腸刺激性でないもの)を服用してください。
刺激性の薬を飲むと子宮が収縮し早産や流産の確率を高めてしまうことがあります。

ただし、下記の自然な排便がママにとっても赤ちゃんにとってもベストです!

薬より適度な運動、食物繊維やオリゴ糖などで自然に出すのが良い

便秘薬を常用すると、便秘薬なしでは排便できなくなり、その状態から元に戻すのは本当に大変です。
あくまで最終手段という位置づけで、どうしても辛い時に飲んでください。

基本的には、このページ内で紹介した適度な運動規則正しい生活食生活の改善を行い、また、オリゴ糖のサプリメントを使うことで腸内環境の改善を行うことで便秘解消しましょう!

お腹の赤ちゃんを第一に考えた場合、これらの自然な排便を目指すべきです。

自然な排便ができるように頑張りましょう!